夜中にシオンの悲鳴、ケージに脚挟まる

これはネタではなく、
皆さんへの注意喚起のために記事にします。

下記猫ケージ使用の方、本当に注意して下さい。
同じような組み立て式のゲージを使用している方も同様です。

メーカー:ボンビアルコン
商品名:サークルルーム コンフォートミニHi
URL:http://bonbi.wn.shopserve.jp/SHOP/292462WT-79BR.html

詳細:
昨晩、AM5時頃、シオンのギャー、シャーっと言う悲鳴で飛び起きました。
ベッドの足元に置いてある上記ゲージの、天井パーツと側面パーツの間に脚が挟まってパニックを起こしていました。
更に悪い事に、天井から床に飛び降りようとした瞬間に挟まったようで、右後ろ足の先端が挟まったまま、宙づりの状態。

写真中央から若干左側に挟まっていました。
d0225126_189365.jpg


飛び起きた私は、まずシオンの体を支えようとしましたが、パニックを起こしており、抱きかかえた私の手に、噛みつき爪を立て、余りの痛さに私が叫んだ瞬間に彼が飛び起きました。
彼が噛まれ、引っ掻かれながらもシオンを支え、私が挟まった脚を外しました。

私が飛び起きてから、おおよそ15〜30秒以内の出来事でした。

引っ掻かれた私の手、
手のひら傷口がパックリ開いていました。
d0225126_189429.jpg


彼の手
d0225126_189562.jpg


あちこち血だらけ
d0225126_189560.jpg


人間の痛みは置いておいて、
ケージから脚が外れたシオンはベッドルームから一番離れた仕事部屋に走っていきました。

右後ろ足、若干庇うように歩いているものの、足は地面に着いて歩いているので、恐らく折れてはいない。
彼が抱き上げ、私がそっと右後ろ足を触ってみても、極端に嫌がりはしないので、最悪の事態にはなっていなさそう。

その後も、自ら事件現場を見に行ったりしていました、さすがシオン、苦笑。
ハクはシオンの後ろを金魚のフン。

予想通りですが、チャイが行方不明です。
怖くなって隠れてしまったのでしょう。
(結局、洋服掛けの奥の方、洋服に埋れて怯えていました)

シオンが挟まった隙間
d0225126_189611.jpg


分かりにくいですが、
天井のパーツを、押すと隙間が広がります。
d0225126_189732.jpg

ジャンプの瞬間に、この隙間に挟まったようです。

取り急ぎ、人間の応急処置をして、朝になったら病院に連れて行くことに。

朝になると、
シオンの右後ろ足が約1.5倍に腫れていました。

手前が腫れている方。
d0225126_2272272.jpg



病院でレントゲンを撮りました。
幸い、骨折、ヒビはありませんでした。

猫への痛み止め、ステロイドの投与は量など難しいらしく、しばらく様子を見る事に。

骨に影響が無かっただけ、本当に良かったです。

私達がハクを保護していなくって、ケージを出していなければ、シオンがこんな目にあっていないかもしれない。
ハクはリリースしていたんだし、早くケージを片付けていれば…

シオン、ごめんね。

改めて、飼い猫の安全を守る義務が飼い主にはあると痛感しました。

私達がいない時に脚が挟まって宙づりになっていたら…
考えると、恐ろしいです。

このケージはチャイを買った時に、初期導入セットみたいなものに入っていて購入したもの。
ペットのコジマでは、猫を飼う人には必ず勧めているはずです。

購入レシートも、保管してあったため、
販売店経由でメーカー責任を問いたいと思います。

今後、対策をしないと、シオンと同じような目にあってしまう子がきっといるはず。

シオンをあんな目に合わせた、
あのケージ、
私は許せません。

ネコキチガイでも、モンスターペアレンツでもなんでも、
必ず何らかの回答はさせるつもりです。
[PR]
by chaitoshion | 2012-07-16 17:18 | Comments(10)
Commented by nekogasky at 2012-07-16 23:35 x
こ、これは・・・

シオンくん、chaitoshionさん、彼氏さん大変でしたね。
特にシオンくん、大事に至らなくて本当によかったです。

うちも全くひとごとではありません。
ケージが4台あって、みんな上に登ったりして遊んでます。

早急に対処しなくては。

丁度週末、猫達を置いて私の実家に帰っていたので、
今回の話を読んでちょっと考えさせられました。

みなさんお大事にしてください。

ではでは
Commented by chaka at 2012-07-16 23:57 x
あぶなーい!大変な事になってしまいましたね。
シオンくんの骨に異常がないとのこと、本当に本当に良かったです。
それにしてもchaitoshionさん、彼氏さんのお怪我も痛々しい。
完全な室内猫なので大丈夫かもしれませんが、念のため消毒をしっかりしてくださいね。
(学生の頃ですが、友人宅の外に遊びに出す家猫にがっつり噛みつかれ、高熱を出したことが・・・^^;)
シオンくん、早く元気になりますように。

それにしてもケージのこと、皆さん他人事ではないですよね。
やはり、怪我の例もあるのでは?と思います。
全く気にせず使用していましたが(我が家はアイリスのケージ)、
隙間どころか格子に足が入ってしまっての怪我もありそう。。。
いろいろな事を想定して使用しないとですね。
Commented by solon at 2012-07-17 03:33 x
ぎゃあああああ!!
とにかくシオンも大事に至らずよかったけど、かなり腫れてる。。捻挫みたいな感じかしら?
手の血まみれ具合も痛いよおおおおお。生活に支障が出るレベルだ!大丈夫でしょうか?
ゲージはシオンの重みでより隙間ができて挟まっちゃったのかな。完全な製造物責任でPL法の損害賠償とれるとみた!!メーカーからしっかり対応いただこう!!シオンもびびりチャイも人間もお大事ににしてください!!!!!!!
Commented by あおい at 2012-07-17 12:25 x
怖い!
シオンくん、骨折とかなくて本当によかったですね。不幸中の幸いです。

しかし、安心してお留守番してもらうためのケージで怪我だなんて。ひどい話です。
うちにもありますので(メーカーは違いますが)他人事ではないですね。気をつけたいです。

人間お二人の傷も痛々しい。

どうか家族みんな、お大事に。
Commented by chaitoshion at 2012-07-18 00:43
nekogaskyさん

猫を入れるための道具とは言え、
多頭飼いのうちでは、猫がケージの上に乗るって、ごくごく普通の状態ですよね。

比較的高級なケージは、天井と側面の交点のラインは何かで覆われていることが多いようですが、(よくお写真拝見する白い木枠のケージは覆われていますよね)
もし、我が家と同様に剥き出しのものがある場合は、対策をオススメします。
我が家はこのケージは早急に解体しましたが…
ケージは一つあると何かと便利ですからね。

これから、どうするかなぁ。
Commented by chaitoshion at 2012-07-18 00:50
chakaさん

大変なことになりました。
シオンの足、今日も腫れてはいますが、本猫は特に問題無く生活してはいます。
明日になっても腫れが引かなければ、一応また病院に連れて行く予定です。

私の傷はしゃしの通りまだマシだったのですが、
彼の左手の腫れが酷く、今日病院に行ったようなのですが、
麻酔・切開・治療・破傷風のワクチンと、一大事になってしまったようです。

今日メーカーの担当者と話しましたが、
こういうトラブルの報告は始めて、と言っていましたが、
本当なのか、疑わしい次第です。
chakaさんのお宅でも、危なそうな隙間にはどうぞご注意下さいませ。
Commented by chaitoshion at 2012-07-18 00:54
Solonさん

うん、捻挫みたいな感じ。
治療が特にないのがシオンも可哀想で。
早く良くなるといいんだけど。

ラッシー重症。
血、滴ってたからね。
廊下、一時血だらけ、ハクの比じゃないって、笑。
パニックになると、飼い主でもダメね。

事件直後、私も憤って、訴える、と怒っていたけど、
ラッシーに、まだゆきも一人前じゃないしなぁ、と言われた、笑。
Commented by chaitoshion at 2012-07-18 00:58
あおいさん

メーカーによると、ケージは、中で安全に過ごすために作られていると言うのですが、それなら多頭飼いでの使用不可とか、明記すべきですよね。

足の先だと、骨折をしていても治療法が無いらしく、
まぁとにかく骨が大丈夫で良かったです。
今日もまだ腫れてはいますが…

あおいさんもどうか、ケージの隙間お気をつけて下さい。
Commented by みずりん at 2012-07-18 01:29 x
のー!シオンくん痛い痛いーこわかったねぇ><;
ももたろうも仔猫の時、あったんですよ~こういうの。
ケージじゃなく、パソコンラックから飛び降りたらキーボードを置いてる
スライドシェルフの格子になってるところに足がひっかかって…
…これは、そんな家具を使っている我々の責任でありますが;;

それからというもの、天井部分が格子の物が怖くなって
ケージの天井にもダンボールをはめ込んでフラットにしています。
しかし、角っこも要注意ですねぇ@@;

痛いニャー!って時の暴れ具合。経験したこともあり
この流血惨事の様子お察しします;人;
ましてやシオンくんりっぱな成人男子なので力も強かったことでしょう;;

お二人ともお大事になさってくださいね。
シオンくんの腫れたあんよもおいたわしや。
早く、痛いのが飛んでいきますようにお祈りしています。
Commented by chaitoshion at 2012-07-18 13:10
みずりんさん

なんとももたろうくんも、あったんですね。
格子も隙間も怖いですね…。飼い主が危険を回避してあげないといけないことを、強く感じました。

シオンのパニックは、何も考えず抱きかかえたのですが、5kgオーバーに暴れられると、大の大人もボコボコでした。

ケージメーカーとのやりとり、また記事にします。
<< ケージ問題、進捗 一人前のつもり >>