ユリ誤食記録

●再追記
16日
今日も帰って来れません。
昨日の面会でも、完全に心ここにあらず…。
早く熱下がって…。

**************
●追記
15日
ハク、熱があるとのことで、
入院、もう1泊になりました。
まだおうちに帰れません…

**************

今日の夜、ハクを迎えに行きます。
今日までの記録
祖母が亡くなり、12日のお通夜、13日の告別式に参列し、13日夜帰宅
にゃんこ達は、1泊お留守番でした。

13日
21:30
帰宅、すぐにご飯をあげる

22:00
告別式の後、配られたお花を花瓶に

22:10頃
花瓶近くでムシャムシャするハク、いつも葉っぱ食べているから、またか〜と思う。

22:20
花って、猫大丈夫だよね?
と急に不安になり、調べる。

シクラメンとかがダメなのは知っていたものの…

ユリ、食べると強い中毒症状で1週間以内に死に至る、と…
腎臓の機能を破壊し、解毒できなくなり、死んでしまうと…

冷や汗。

さっきハクがムシャムシャしていたのは、ユリの一種に見える、ヤバイ。

22:25
すぐにかかりつけ医に電話
緊急オペ中、目黒の夜間救急に電話して欲しいと。
当のハクは元気そうだが…

22:30
ユリはヤバイので、すぐ来てと。
幸い家からは10分以内で行ける距離
急行

22:40
夜間救急到着
問診票書くも、20分くらい待たされる。

夜間救急での他の飼い主のエピソードはまた後日書くとして(とんでもないバカ飼い主多数、ちなみにバカ飼い主のペットは全てがトイプードルであった、うちも実家トイプードルだけど…)

23:00
やっと診てもらえる
まずは早急に吐かせること。

①鎮静剤を打ち、副作用で吐かせる
②だめなら他の薬で吐かせる
③それでもダメなら、胃洗浄(猫は食道が細いので、すぐにチューブが詰まり、あまり有効ではない)

23:30
鎮静剤を打ったが吐かないので、別の吐かせる薬投与
現時点での血液検査、腎臓の数値は悪くない

24:20
別の薬が効いて、ユリを含めた諸々を吐く(それでも全部では無さそう)

今日は入院で、もう一度吐かせる薬を飲ませ、吐くのを待つと同時に、毒を薄めるために点滴繋ぎます、と。

面会をする
辛そうなハクを見て、泣きそうになるが堪え、病院を後にする。
朝8時に迎えに行くことに。

24:30
車で号泣…、ハクちゃん…

14日
8:00
午前中休みを取り、ハクを迎えに。
朝方にもう一度吐いたが、その中にユリは無かったと。
このまま、すぐにかかりつけ医に行って、今後の治療相談して下さい、とのことで、ハクをそのままかかりつけ医に連れて行く。

ハクは不安そうだが、元気そう。

9:00
かかりつけ医へ。
先生と相談し、明日の夜まで1泊入院で、点滴しながら血液検査して、様子を見ましょうと。

ハクそのまま入院へ。

15日(今日)
12:00
血液検査の結果がFAXで来る。
腎の数値は問題ないよう。

16時に電話して、問題無さそうであれば、今日の夜迎えに行きます。
シオンは食べていないはずだけど、ハクと一緒に花瓶周りをウロウロしていたので、迎えに行く時に、念のためシオンも連れて行って血液検査してもらおうと思います。

猫の食べちゃダメなもの、だいたい把握していたつもりですが、ユリの事、全く知りませんでした。

ハクが大丈夫なこと、祈るばかりです。
[PR]
by chaitoshion | 2014-01-15 14:15
<< ハク明日退院 緊急入院 >>