東京出張

先週末、草原を見たくなって、奈良の曽爾高原へ
ホトトギスの声を聞きながら、原っぱの中のベンチで旦那さんとお昼寝、心が洗われた週末でした。

d0225126_10131487.jpg


私は明日、東京で会議なので、今日は有休を取って実家に向かっています。久々の実家泊です。
シオン、お留守番よろしく(^^)
d0225126_10131510.jpg


チャイは今週ライオンになりました(これはライオンになる前)
d0225126_10131578.jpg


ここからは恒例の仕事の事、笑。
なんかねー、去年くらいからうちの会社はシニアのクビキリしまくりなのですが、そんな環境の中、唯一の生き残りみたいな60歳前の男性が今月からうちの課に配属になったんですよ。
彼が生き残れたのは鬱明けだったからです。
パワハラで鬱の休職明けに無理やり解雇して訴えられでもしたらマズいと思ったんでしょうね。
数字を持たずサポート人員の予定です。
ここ何日か同行して、彼が鬱になる過程などを聞いていたら本当に切なくなりました。

歳を取ったら、若い人と同じようには働けなくなって、たまたまパワハラめの上司の下で、追い込まれて夜も眠れず、体に不調を来たし、心がダメになったそうです。
その様子を真近で見ていた家族には、お父さん仕事辞めたら?って勧められたとか。
その時に一度退職願出したそうですが、見兼ねた周りの社員が上層部に相談して退職ではなく休職になったそう。
余談ですが、パワハラ上司は組織としては上にあげたい人材だったようで、(その当時の上層部は既に転職)上層部に相談した社員は報復人事で昇格の道閉ざされていますけどね…。

日本企業に勤める夫にこの環境を話すと心底驚かれますが、外資系企業の現地の営業職なんて本当ただの使い捨てなんでしょうね。
パフォーマンスが悪くなったらポイっ
55歳でポイされて、次に行くとこあるんかーい!
怖すぎます。
長くいるべき会社ではありません。




[PR]
by chaitoshion | 2017-07-13 09:53 | Comments(0)
もう7月! >>