オペラちゃん

さて、夜間救急での出来事を記事にしたいと思います。
毒吐きますが、悪しからず。

ハク以外の患者?動物は、物の見事にALLトイプードル。
トイプードル、人気の犬種ですからね。
うちの実家もそうだし(^^;;


◉ダメ飼い主
チャラい若者男女のまだ数ヶ月のトイプードル。
脱肛?のようで、治療後オムツの所に遭遇したのですが、女の子がオムツがスカスカでこれじゃ○ンチが漏れるよ、と大騒ぎ+執拗にオムツを触るので、犬が痛がってキャンキャン鳴いていて。
こういう子達が、飼えなくなったとかで保健所に持ち込んだりするんだろうなー、と偏見の目で見てしまいました。

自立してない人は動物飼っちゃダメです。

◉バカ飼い主
院内に入るなり、
オペラちゃんがソファから落ちちゃったんです、と焦ったご様子。
ちなみに、腕に抱えてる犬、超元気そうにしっぽフリフリしてるわけですよ。
ちなみに、多分ティーカッププードル。
異様な小ささでした。

私はハクが吐かないので、気が気ではないのに…、余計イラッとしてしまいました。

どのくらいの高さか聞かれて、50cmのソファと。

オイオイ、大丈夫だろ、それ。

待合室でも元気な犬に向かって、
オペラちゃん、ゴメンね、を連呼。

案の定、診察ほぼなしで、全く問題ないと、返されてました。

でも、前の子は頭打って死んじゃったから、と、大きい声で言う訳ですよ。
前の子って((((;゚Д゚)))))))

怖すぎです。

目黒では有名な高級住宅街を住所で告げていて、まぁそれはすぐ買い替えですな、なんて思ってしまったり。

しかもね、
先生私心臓マッサージしてここまで来たんです、って言うんです。

先生:し、心臓マッサージですか…

飼い主:はい。前の子の時にしておけば助かったかも、と言われて。

先生:心臓マッサージは心肺が停止している時に行います。まずはそれを確認してからです(オペラちゃん明らかに心肺停止ではない)
飼い主さんに心臓マッサージをお願いするのは、もう本当に緊急事態です
まずは、電話で指示を仰いで下さい。

飼い主:えー、そうなんですか。
逆に私が心臓マッサージしたからぐったりしてたのかなぁ

ですって((((;゚Д゚)))))))

いやー、世の中って本当こんな人がいるんだな、とビックリしました。
まぁ夜間救急って、本当に必要な人が来るか、バカ飼い主が来るか、どちらかなんだろうなーと。

動物は飼い主を選べない。
飼い主次第でその動物の運命が左右されますよね。

今回私が無知なせいで、ハクに辛い思いをさせてしまいましたが、これからは情報収集を怠らず、過保護にはならず、バランスの良い飼い主になれるよう、努力したいと思いました。

ガブリエルハクたん、完全復活
d0225126_17394141.jpg


その座り方絶対変だよ。
d0225126_17394330.jpg


にいたんとねぇたんも元気です。
d0225126_17394318.jpg

チャイぴょんは最近大きくなって、マンモスみたい。
毛のせいだと信じたいけれど、多分ちがうかも(;´Д`A
ダイエットかなぁ…。
[PR]
by chaitoshion | 2014-01-29 16:56
<< 大阪家探し その後のハク >>